ブラック企業を見分ける様々なコツ

ブラック企業の特徴

 ブラック企業の特徴は、常に求人が出ていることです。それは、離職率が高いためです。パワハラやセクハラの多い会社やサービス残業の多い会社、深夜残業の多い会社では、なかなか社員が定着しません。他には、企業情報を積極的に発信しない会社や一族経営の会社にブラック企業が多いと言われています。いじめが密室で起こりやすいのと同じであり、オープンでない企業は、ブラック率が高いのです。

面接で見分けようブラック企業

 書類選考を通過すれば、面接になります。ブラック企業は、この面接に特徴があると言われています。これは、企業研修等でも同様です。夢を語らせたり、大きな目標を立てさせる面接は、非常に危険だといえます。そういう風に気持ちを大きくして、冷静な判断を奪うのが目的なのです。

 また、叱る役と褒める役が決まっている面接も危険です。厳しい質問や駄目出しをした後に優しい質問や褒めたりするのは、印象操作であり、心理テクニックを用いています。こういう事は、普通の会社なら行う必要はありません。後、威圧的な面接も要注意です。普段から威圧的に社員に接しており、入社した後もそれが変わる事はないでしょう。面接は緊張しがちで冷静な判断や記憶を失うケースもありますが、おかしいなと感じる事が出来る平常心で望むことが大切です。