転職活動に根を詰めすぎるのはNG

転職活動は思いつめがち

 転職活動は、早くいい仕事を見つけなければならないというプレッシャーもあり、とにかく思いつめて行いがちです。自分の望む求人がないことに焦り、不採用通知に落胆し。挫折を繰り返すごとに後がないという思いを抱えてしまうのは、真面目な人ほど陥りやすい、しかしありがちなことです。

思いつめた上での判断ミス

 失敗が続くと、たいていの人は求めている理想が高すぎているのだと考えて、当初の希望よりも条件を下げて職探しをするようになります。それが転職活動においての判断ミスです。
転職は、妥協をして行うものではありません。妥協をして職を移っても、転職した意味を見いだせず、結局は転職する前と同じような不満を感じてしまうようになるでしょう。早く職を決めたいと焦るばかりに、かえって理想から遠ざかってしまっているのです。

転職は失敗を重ねるもの

 活発に活動すれば、失敗が増えるのも当たり前のことです。採用されるか不採用になるか、結果は常に二択なのですから、職が決まるまでは延々と挫折を積み重ねていくことになるでしょう。それを気にすることはありません。
転職は基本的に、結果がでるまでに時間がかかるものです。気を長く持って、些細なことでは動じない意思を持って取り組んでいきましょう。